<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
すみれば写真館 part 1 (4/28-29)
<4/28>
e0018920_1840265.jpg
e0018920_18403727.jpg
e0018920_18404739.jpg
e0018920_1841311.jpg
e0018920_18411354.jpg
e0018920_18413687.jpg
e0018920_18414545.jpg
e0018920_18415456.jpg
e0018920_1842390.jpg


<4/29>
e0018920_18464080.jpg
e0018920_18465049.jpg
e0018920_1847423.jpg
e0018920_18471372.jpg
e0018920_18472450.jpg
e0018920_18473242.jpg

by simosimokenty | 2007-04-29 18:42 | 《すみれば写真館》
最高の時
「腹がよじれそうだ」

笑った時の表現としてよく使う

笑って笑って笑い転げて

腹筋つって「いて~!」とかなって

最終的に腹がよじれたら

いったいどうなるのだろう

最高の至福のときが迎えられるのかなぁ
by simosimokenty | 2007-04-28 00:08 | #Poem#
あ~だこ~だ
自分はちっぽけだと思うのは

あくまで自分の判断であって

頑張ってはい上がるのも

自暴自棄になってしまうのも

これまた自分次第なんだよな

気持ちの切り替えが大切

そう思うよ
by simosimokenty | 2007-04-20 00:16 | #Poem#
もどれない場所
たのしそうに笑うみんなの笑顔も

一緒にがんばったあのコートにも

一度去った僕にはもう戻れない

最近みんなの話しを耳にするよ

昔と変わらず楽しそうなのを聞くと

僕はどうしようもなく胸が痛いんだ

また笑って話しがしたいな

がむしゃらにボールを追いたいな

一番楽しかったあの頃みたいに

*************

久しぶりにネガティブな詩を書いてまいました。最近、みんなと連絡がとれるようになっただけに、逆に楽しそうに今でも会って遊んでるのを聞くと胸がぎゅ~~~っと何かに締め付けられるみたいに痛みます。ホントにささいなことから生まれたすれ違いのはず。後悔はしないようにメンタル整理はしてますが、もう戻れない空白の4年間が今までの人生で3本の指に入る後悔です。
by simosimokenty | 2007-04-18 01:41 | #Poem#
探しもの
冬が過ぎて春が来た

あっちも春 こっちも春

お天道様が見守るなか

春を探してウロウロしてたら

あっというまに夏が来た
by simosimokenty | 2007-04-09 23:20 | #Poem#
それでも僕はできない
君は目の前にいる
いつもと変わらない
僕の大好きな笑顔で

抱きしめたいと思った
この気持ちを伝えたい

君には相方さんがいて
僕はただの友達で

人を好きになるのは
どんなときでも自由だ

分かっているんだけど
今の関係さえも
壊れてしまうくらいなら
笑顔が見れなくなるのなら

この痛みは隠しておくよ
胸にある金庫の中に
by simosimokenty | 2007-04-05 23:58 | #Poem#
うさぎとかめ
もしもし かめよ かめさんよ~♪

有名な童話「うさぎとかめ」

自己分析によるとオイラはどちらかというと“うさぎ”派。

切羽詰ったり要領をつかまないと動かない。いや、動けないw

一応、のってくるとある程度の仕事量はこなせる…はず。

童話では、うさぎは結局かめに負けちゃうけれど、

うさぎ並みのスピードで、でもかめのように辛抱強くコツコツ。

しんどかったら休んでもいいと思う。

ただ休み過ぎないように気をつけて、

てっぺん目指して走らなきゃな~。。。
by simosimokenty | 2007-04-05 00:19 | 『想い』
心の奥の奥
なんだか最近mixiと併用するようになってから詩(もどき?)しか書いてなかったので、たまには文章を書いてみます。

といっても詩に関係しちゃうんだけど(^^ゞ

仕事と真面目な話の時以外、オイラは基本的に脳と口が直結してます。つまり閃きで喋ってることがほとんど。むかし友人にもう少し考えてから喋ったら?と言われたくらいです。詩を書くときも同じで脳と手が直結。

オイラの言葉のボキャブラリーはいったいどの程度なんだろう。心の奥の奥。深海の奥深くを見てみたいと時々思うのです。
by simosimokenty | 2007-04-02 23:23 | 『想い』
満開
天気はめっきり曇り空だけど
君らをみてると晴れな気がします
この都会にある
ちょっぴり早めに咲いた桜の数と
新たなスタートを切った君らの数
いったいどっちが多いのだろう
春はステキな季節です
by simosimokenty | 2007-04-02 13:46 | #Poem#