カテゴリ:『想い』( 205 )
少しでも多くの若い世代に読んで欲しい
誤解のないよう、最初に言っておきます。今から書くことは、どの政党を応援しているとかではありません。

これを読んで下さった若い世代の方々、被災地の復興支援や街の活性化に携わる方々に、もう一度自分たちで考えてみようよと伝えたくて書いています。

政治の話ではなく、我々と同世代の1人の青年が、人生をかけて伝えてくれた「メッセージ」としてとらえて頂ければ幸いです。


2012年2月20日、官邸のホームページ、野田総理のブログ「官邸かわら版」に、先日2012年2月14日に天国へ旅立った私の親友のことが取り上げられました。

http://kawaraban.kantei.go.jp/2012/02/20120220.html#more

文章中にある野田さんが読まれたという「遺稿」。告別式にて、親友が秘書を務めていた、現 内閣総理大臣補佐官・手塚仁雄さんが弔辞で読んでくださった親友のこの「遺稿」は、手塚さんのサイトで読むことができます。

http://www.t440.com/seat/111004gaiya.html

そして、手塚さんの現在の秘書・渡辺さんの最新の日記にも2012年2月20日付で彼への想いが書かれています。

http://www.t440.com/diary/

被災地、そして疲弊している地方自治体などは、「自分たちで頑張らなきゃ!」という気持ちをやはり持つべきです。もちろん全員がそうではない。頑張っている人はいっぱいいる。でも、他人任せな考え、もっと言えば現実に対して意識して生活していない方は多いのではないかと思うのです。

実際の現地の人間ではない故、知ったかぶりは勿論できません。発言も考えてしなくてはいけませんが、若い世代に

「お互いにもっと日本のこれから、今自分にできることを考えなきゃいけないよね」

そう話したい気分です。政界や都市計画・まちづくりに携わらない人たちでも、これからの日本で生活していくのは自分たちなのだから、少しでも今の日本を意識してもらいたいと思うのです。

私は大学、大学院、設計業界で、現場を見ることがとても大事なことだと学びました。利用者の立場に立って考える。地域の事を少しでも多く理解して計画に、そして建物や空間におとしていく。そして作るだけではなく、その後の維持管理こそ大事である。

「世の中」をつくるのも同じことなんだと思います。東京の都心のど真ん中に居るだけでは、「暗闇」に何があるのかは見えません。現場に行ってこそ、見えてくるものが沢山あります。政界の方々には是非、被災地や全国を見てまわって欲しいと思います。

お互いに理解しようとすることこそ、その先に光が見える気がします。
頑固に意地はってる場合じゃないんです。


そして、もうひとつ。ガンについて。

まだまだ若い世代のガン、そしてガン検診についての理解は浅いんだと親友の闘病で気づきました。そして医療制度自体も整っていないということも彼が教えてくれました。私自身、ガン検診はしていません。考えてもいませんでした。

私の親友は2009年にガンが発見された時、既にステージ4という末期の状態でした。ガンという国民病は、早期発見がとても大事になります。

私の知人には19歳の時に友人をガンで亡くした方もいらっしゃいました。若い世代でも、他人事ではない病気。

もう少し身近な病気でありうることを自覚して、生活していかなくてはいけないと思うのです。

親友の最後のメッセージがブログに書かれています。
こちらも是非読んでいただければ幸いです。

『蓮たかみちの日々是好日』
http://hasu-takamichi.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-e8fb.html
by simosimokenty | 2012-02-21 10:42 | 『想い』
それが自分だから
もうどのくらい前にここに日記を書いたのか覚えていない。
一時期かっこつけて整理するために消した日記もあるので、日付を確かめることも出来ない。
取り敢えず、長くなることが分かっているから、ここに記そうとおもう。


それが、原宿という人の溢れるまちで見た、遠いようで近い、そして近いようで遠い、友達の誕生日という記念すべき日に開いた素敵なライブを見たせいなのか。

はたまた、今年で6回目を迎える用賀という世田谷の一区画で行われた学生たちの夏の思い出(フェスティバル)を見たからなのか。

このパソコンに向かうまでに頭と心にわきあがる感情が多すぎて整理し切れていない。
これから書くことも整理されていないし、きっと無駄に長いだろう。


思えば、高校生までは自分を表現するということに臆病だった気がする。
どこか人目を気にして、会話自体も粗末なもので、とっても真面目で不器用で。

大学に入って、テニスサークルに入って、絶対的な、そして一生涯なかよくできると信じた仲間たちが出来た。毎日毎日、勉強もしないでテニスに明け暮れて、全力でテニスをして、全力でお酒を飲んで、全力で人を好きになった気がする。そこに自分らしさがあったのか。わからない。でも、下田らしいというキャラクターはあったような気がする。

のめり込み過ぎるのが自分の悪いところ。結局、運営の代まで続けて代交代まで在籍しながら中途半端な形でサークルを去り、今ではそのサークルに顔を出す資格はない。今おもえば人のせいにしたことも多い気がする。我ながら情けない。多くの先輩・友達・後輩を失ったのは自分のせいだろう。

結局、「留年」というプレゼントと「人間不信」というオマケまで付いたが、人生について深く考えることとギャンブルの恐さを知った。

親に無理を言って進んだ大学院という道は、心に某バスケットボールの漫画ではないが、「がけっぷち」という言葉を背負い、自分の専門と関係することなら何でも参加し学ぶという決意と、そこから生まれた沢山の出会いを手に入れることが出来た。

「ランドスケープ」「桜丘すみれば自然庭園」「こちらセタガヤ暮らし研究所」という3つの大きなキーワードは今でも自分の人間関係では核となるものだ。



人間関係が広がれば広がるほど、自分を表現していく場が増えていく。

いつからだろう。人の輪の中心にいたいと思うようになったのは。
いつからだろう。自分というものを人に知ってもらいたい欲が強くなったのは。
いつからだろう。表現するということに興味を持ち始めたのは。



大学生時代に広がった関係がやっぱり人生では大きいのかもしれない。いまでも連絡が取れる仲間たちは、それが例え先輩であろうが歳の離れた後輩であろうが大事な宝物だ。

憧れていた設計業界、大好きな音楽とまちづくり両方に関われる会社、高級ホテルのウェイターのアルバイト。

そんな経緯を経て、いま自分は商店街という場所に深く関わっている。自分をこの会社に呼んでくれたのは、学生時代に世田谷で出会った人だった。ひと言で言えばイベント屋であり、まちづくりにドップリの人だ。

商店街はいい。とにかく人があたたかい。みんなは隣の家に住んでる人の顔をしっているだろうか?話したことがあるだろうか?体調を気遣ってあげたことは?そして、一番大事なこと。自分の地元のことをどれだけ愛してますか?

うまく言えないけど、商店街の方々と仕事をしていると、気付かされることは信じられなくらい沢山ある。サラリーマン・会社員にゃわからんだろう。


社会人になっても、業界にしばられないで、多方面との付き合いを望んでいたら、気付いたら大事な奴らがいっぱいできて、気付いたらテニスサークル時代の仲間と飲みに行っていた。


今まで貯めてきた自分の中の引き出しにある経験と想像力から、短い文章にするということをするようになった。最初に始めたのは大学1年だけど、本格的には数年後。

今その一瞬を切り取るという「写真」という趣味も一眼レフを買ってからはドップリ。

声が低くて、別に上手くもなく、カラオケが苦痛だった「歌う」という行為も仲間に恵まれて楽しいと思えるようになった。今じゃ夢はいつか人前で歌うことだ。



自分を表現する方法は人様々でであって、それは日々デスクに向かって働くことの中にあるかもしれないし、歌うことの中にあることかもしれない。演じることで。撮ることで。描くことで。



みんな、それぞれ得意なことで表現しているなと考えてたら、気付いた。自分の得意なことで表現したいのじゃなくて、そのときの感情にあった表現方法で自分は表現したいんだって。



だから、と~ってもきまぐれだけど、写真も撮るし、詩も書くし、絵も描くし、バスケもする。歌も歌いたいし、ダンスもしたいし、舞台にも立ちたい。英語も韓国語もイタリア語もしゃべれるようになりたいし、様々なモノをデザインするということにも関わってみたい。ここじゃ書ききれないくらい、出来るようになりたいことがある。



プロフェッショナルになりたいんじゃない。どんなときでも相手に合わせられる引き出しを持ちたい。みんなが笑っていられる場に関わっていたい。だから表現方法は1つに絞れない。プロではないけど、最低限以上のスキルをちょこちょこ身につけていたい。


それがきっと下田健人という人間だから。
by simosimokenty | 2010-08-22 23:41 | 『想い』
こいつが必要な季節です
そう、そいつの名は蚊取り線香!あなたの身体をまもります!w
e0018920_084721.jpg

いや別に自宅でこれ使ってるわけじゃないんだけど、古民家とかで火をつけて縁側とかに座って日向ぼっこなんてたまらんじゃないですか(〃▽〃)

ついでに夜は電気を消してお酒を片手にロウソクだけとか。。。
e0018920_0105272.jpg

想像しただけでたまらんとです(〃▽〃)

スローライフをつくれるかは自分次第。

やることテキパキ後はのんびり。これ重要!
by simosimokenty | 2007-07-11 00:13 | 『想い』
でっぱりすぎだよ喉仏
生まれたときから音楽の流れる家で育って
両親もけっして上手ではないけど毎日歌ってて
幼稚園の時には泣きながらソロで歌って
小学校は高学年でも女の子に混じってソプラノ
そんなオイラが中学校で気づけばバスパート

ほんとはね歌うの大大大好きなんですよ
できるもんならハイトーンでさ
頭にキーンてくるくらいさ
カラオケとかでもぶっ続けで十何時間とかさ
歌いたいんですよ

でもね、サビになりゃ声でない
歌い続けりゃ全体のうちほとんどキーでない
歌うのはずかすぃ~。。。ってなるんですわ

低い声から高い声を出していくことは可能
そう聞いたことはあるもんで
いつも喉とは会話してるんですけどね
頑固者の喉仏くんはちっとも心を許さず。。。

あ~気持ちよく歌いたい。青空の下とかで。
人前で歌うとか最高だろうなぁ~。。。(妄想中)
by simosimokenty | 2007-06-23 01:54 | 『想い』
日記のように
詩を書くってすごいよねぇ。。。

昨日、トップランナーという番組でYUIが出てたけど、
中学時代から毎日のように詩を書き続けてるらしい。
もう詩のノートがどっさりだって。

すごいなぁ。

たぶん毎日書いてたら、ヘタにかっこつけそう。

自然体な文章を書きたいオイラには毎日は過酷だぁ。
(もちろん彼女にとっては苦ではなくて習慣でしょう)

でも、彼女は歌を作るときはメロディーが先で、
英語なんかも最初はでたらめらしいです。

まぁメロディーが浮かばないオイラにとっちゃどっちも
すげぇんだけど。

そういえばブログに書いてる詩をノートに書き写さなきゃ。

オイラもそのうち詩のノートがいっぱいになるかなぁ。

そうそう、気分転換にブログの背景かえてみました。
by simosimokenty | 2007-05-27 08:45 | 『想い』
うさぎとかめ
もしもし かめよ かめさんよ~♪

有名な童話「うさぎとかめ」

自己分析によるとオイラはどちらかというと“うさぎ”派。

切羽詰ったり要領をつかまないと動かない。いや、動けないw

一応、のってくるとある程度の仕事量はこなせる…はず。

童話では、うさぎは結局かめに負けちゃうけれど、

うさぎ並みのスピードで、でもかめのように辛抱強くコツコツ。

しんどかったら休んでもいいと思う。

ただ休み過ぎないように気をつけて、

てっぺん目指して走らなきゃな~。。。
by simosimokenty | 2007-04-05 00:19 | 『想い』
心の奥の奥
なんだか最近mixiと併用するようになってから詩(もどき?)しか書いてなかったので、たまには文章を書いてみます。

といっても詩に関係しちゃうんだけど(^^ゞ

仕事と真面目な話の時以外、オイラは基本的に脳と口が直結してます。つまり閃きで喋ってることがほとんど。むかし友人にもう少し考えてから喋ったら?と言われたくらいです。詩を書くときも同じで脳と手が直結。

オイラの言葉のボキャブラリーはいったいどの程度なんだろう。心の奥の奥。深海の奥深くを見てみたいと時々思うのです。
by simosimokenty | 2007-04-02 23:23 | 『想い』
勉強になった日曜日
最近、飲み会の次の日は軽く二日酔いになります。そして朝早く目が覚めます。ところが!水をがぶ飲みして数時間寝ると…治るんだな~これが(^^; 今日もそんな朝でしたw

そして10時前に起きてブランチを食べ、天気もいいので金曜から決めていたお散歩コースに出かけることに。そのコースは国立新美術館→東雲キャナルコートCODAN→豊洲という順路。大学院の同期が同行してくれることになり、美術館で待ち合わせることに。

その子は既に何回か行っていた為、一足早く行って1人で見学。まずは、国立新美術館を設計した黒川紀章氏の展示会が無料でやっていたので見学。そこでサプライズはおきました!
e0018920_22545726.jpg

ご本人登場~!!!

どうやらお客様に解説してたらしいんですけど、当然周りは人!人!人!オイラもちゃっかりすぐ近くで解説を聞いちゃいました(〃▽〃)まぁ小難しい話は苦手なんで少しの時間でしたけどねw  でも、やっぱり本人の解説を聞けるというのはとっても貴重な体験!ラッキーな1日のスタートです☆

その後は建物をひと回り見学。なんか落ち着く感じがする空間ですねぇ。
e0018920_22555079.jpg

e0018920_2303710.jpg

一通り敷地内をまわり、建物内で座ってると同期が到着。1Fのカフェでコーヒーを飲んで、東雲へ。

向かう途中、現在建設中のTOKYO MIDTOWNの前を通り、豊洲ららぽーとも見学。豊洲ららぽーと、いいねぇ!今日は少し寒かったけど、海きれいだし、ドッグランには微笑ましい光景。また絶対こよ~っと。
e0018920_2353313.jpg
e0018920_2354891.jpg

e0018920_2394032.jpg

そして、長いお散歩コースもラスト!東雲キャナルコートCODANへ到着!やっと見れた~(-_-;) 仕事でURの方がいっつも話に出してくるんだけど雑誌での知識じゃ限界があったんですよね…。見れて良かった~。
e0018920_23112194.jpg

今日は自分の引き出しが増えたと共に、仕事で使える知識も増えたんで一石二鳥な1日でした(^-^) おしまい
by simosimokenty | 2007-03-18 22:01 | 『想い』
MUJ
ふんだ!だ~れもブログを見に来やしない。いいもん!こっちはゴージャスにしよっ♪(といっても写真を加えて少し変えただけだけどw)
e0018920_22292922.jpg

昨日は宣言通り、後輩を応援すべく東京国際フォーラムまでMUJ(ミスユニバース・ジャパン)を見に。席を取るため早めに行きました!いや~大会が大会なだけに(なのかどうかは知らないけどw)客層もかわいい女の子ばっかり!「なによ!あんたたちの足の長さ!隣に並ぶんじゃないわよ!」とは思いつつも、あちこちで恋してしまいました☆あっ、ひきました?オッケー!どんどんひけ~!

俺は男だぁ~!!!

す、すみません。とりみだしました。

後輩はというと…う~残念。途中で敗退です。残念ではあるけれど、でも全国から集まった4000人の中から最後の11人まで残ったんだから、むしろオイラにとっちゃ~誇らしいこと。彼女が輝いてる姿がみれて、そして努力してきたんだなということが分かって嬉しかったです。自慢の後輩です。 本当におつかれさま!

帰りがけには本人にも会えて少し話せたし、写真も一緒に撮りました。(彼女の写真は一応非公開にしておきます)前年の日本代表の知花くらら、審査員で来ていたモデルの道端ジェシカとかも近くで見れました。(もちろんデジカメで激写w)
e0018920_22314572.jpg

e0018920_22321771.jpg



帰りは一緒に応援した後輩2人とガードしたの居酒屋でちょっとばかし飲みました。オイラってばお金おろすの忘れて チケットとパンフ買ったら財布がカラッポ。後輩に借りるという情けないオチつきです。。。orz

いや~全然ちがう世界で頑張ってる人を見たけど、歳もオイラより少々若いくらい。頑張ってる姿を見ると刺激されます。

今大会で多用されていた言葉が「情熱的」。オイラも情熱的に頑張ります!でも決してパッション屋良みたいに頑張るわけではありませんので、そこんとこヨロシク!

ん~~~!ん~~~!ん~~~!w
by simosimokenty | 2007-03-16 22:36 | 『想い』
友達の事務所に
いや~また寄ってまった。今日はライブのフライヤーとかの打合せが目的だったのに大半は音楽聞きながら別のこと話してました(笑)

音楽関係の事務所は当たり前だけどいろんな曲があっていいやね~。

またギター教えてもらっちゃったし、曲もいろいろ聞かせてもらったし。

あ~音楽のある世界は幸せ(≧ω≦)

今日は朝3時からおきっぱ(仕事の途中にコックリコックリしましたが何か?)だし、明日も朝から狭山で打合せだけど頑張りますo(≧▽≦)o
by simosimokenty | 2007-03-07 23:34 | 『想い』